「ブロードチャーチ」シーズン1(英/2013年)

◇ミステリードラマは1話完結ものが多い。人気シリーズには「宿敵」ともいうべき犯人がつきもので、しばしばシーズンを超えて刑事たちの手を焼かせているが、彼らとて長期にわたり掛かり切りにさせるわけではない。本作は決して派手とはいえない単発の殺人事件を約6時間にわたって丹念に追った貴重な作品だ。普段はなかなか思いを馳せることのない、事件に否応なく巻き込まれた人々にとっての時間の重さを感じさせてくれる。

 

◇住民全員が顔見知りという小さな海辺の街・ブロードチャーチで11歳の少年が殺される。捜査に乗り出したのは街に赴任したばかりの警部補と、被害者一家と親しい地元育ちの部下だ。二人とも忍耐強く誠意をもって捜査に尽力する「良い刑事」だが、決して切れ者ではない。だから事件は行きつ戻りつを繰り返し、その過程で多くの人々のひた隠しにしてきた一面を白日の下に引きずり出すことになってしまう。秘密が暴かれるたびに、住民の間には疑心と対立が生まれる。捜査を開始した頃は隣人を疑うことに葛藤を覚えていた部下も、予想だにしない現実に直面して打ちのめされる。そんな部下に警部補がかけた言葉が、本作のテーマなのだろう―――「自分以外の胸の内なんて決して知り得ない」。多くの人にとって頭では理解していても、努めて見つめないようにしている真理ではないだろうか。だからこそこうして眼前に突きつけられると、よりどころをすべて断ち切られるようで、平静ではいられなくなる。本作では最悪の形で「知り得ない内心」が反復されるのだからなおさらだ。だが本作はただ視聴者を断崖に置き去りにするのではなく、孤独の中に取り込まれないための一つの解を提示している。そして最後にはささやかな「奇跡」まで用意してくれる。神の沈黙をテーマにした「処女の泉」とも重なるが、奇跡を起こすのが人間である本作の方が、私にとっては心強く、慰めを得られた。

 

◇ところで本作が本国で放送された際は、謎解きで大いに盛り上がり、放送したITVの歴代最高視聴率をたたき出したらしい。いかにもミステリー好きのイギリスらしくて面白い。地味でスローながら堅実に練り上げられた作品がしっかりヒットすることに羨ましさも感じた。

 

ブロードチャーチ / 英 / 2013

キャスト:デヴィッド・テナントオリヴィア・コールマン