「フィリップ、きみを愛してる!」(米・仏/2009年)

◇様々な感情が湧き上がってくる映画だったが、最後に残るのは空っぽになった感覚だ。疾走するような物語の展開と、抜けるような青空と、風を全身に浴びるような音楽が混然一体となって、あらゆる感情をどこかへ押しやってしまう。奇妙な軽やかさは心地よく、ほんの少し寂しい。

 

◇天才詐欺師の主人公は、刑務所で出会った恋人を幸せにしようと、詐欺で大金を稼ぐようになる。詐欺が露見して逮捕されれば、恋人に会うために繰り返し脱獄。いかにも映画的な暴れぶりだが、実話ベースだというのだから驚く。主人公を精力的な「求愛行動」に突き動かすのは、恋人への愛であり、幼少期から続く強烈な愛情飢餓だ。過去においても現在においても、主人公は愛されているように見えるのだが、それでも飢餓感は解消されない。周囲に向けて「偽りの自分」を作り上げている彼には、「本当の自分」が受け入れられている実感が得られなかったのだろう。あらゆる代償にも関わらず、彼が正直になれないのは、彼自身が自分を愛せないからだ。悪びれる様子もなく悪事を重ねる姿を見届けた後でもなお、序盤の「良い人間になりたい」というモノローグは切実に響く。主人公が一番裏切ってしまったのは、彼自身なのだろう。

 

◇苦さややるせなさも覚えるが、冒頭でも述べた通り不思議と重い気持ちにはならない。主演二人もいい。主人公ジム・キャリーのうさん臭い笑顔だけでも笑えるし、恋人役のユアン・マクレガーも子犬系でかわいらしい。そして何より選曲のセンスが抜群だ。下ネタが少なくないので、一人で、あるいは気心の知れた人とリラックスして観るのにいいと思う。

 

フィリップ、きみを愛してる! / 米・仏 / 2009

監督:グレン・フィカーラジョン・レクア

キャスト:ジム・キャリーユアン・マクレガー