ブエノスアイレス(香港/1997)

ブエノスアイレスが舞台の香港映画でTurtlesの"Happy Together"を聞くことになるとは!使われているのは粘着質な原曲ではなく、幾分アッパーなカバーバージョンだ。許諾の関係でやむを得ずカバーになったのかもしれないが、原曲が流れていたら映画から受ける印象は随分変わっていただろう。それについてはまた後ほど触れてみたい。

 

◇本作は20年ほど前のゲイ映画だが、同性同士の恋愛が障壁になっている様子は特に目につかない。セクシャルマイノリティ受容の先進国アルゼンチンにおいて、主人公たちは外聞をはばかる様子なく密着し、派手な痴話げんかを繰り広げている。この時代としては恐らく異例なほど、彼らの存在はごくカジュアルに扱われている。もっとも、この大らかさを欲するがゆえに、主人公たちはかなりの無理をしてまで地球の裏側へやって来なければならなかったのかもしれない。実際にマイノリティゆえの生き辛さと受け取りうる描写は端々に仕込まれている。そういった点を加味してもなお、「どこかに居場所がきっとある」「居場所を見つけにいくらでも出かけられる」という楽観が横溢しているように感じた。それは冷戦終結911テロの狭間という時代が生んだ「小さくなっていく世界」の明るさでもあったのかもしれない。2017年の作家は「会おうと思えばどこでだって会える」という台詞にこの作品と同じ説得力を持たせることができるだろうか。

 

◇そんなわけでノスタルジックな青春映画としてこの作品を楽しんだのだが、肝心の(?)恋愛の部分は難易度が高すぎた。以下はネタバレになるのだが、とりわけ解釈に困ったのが結末部分である。私は鑑賞後レビューをいくつか読むまで、イグアスの滝を訪れた主人公がウィンからチャンへ心を移したという読解に自信が持てなかった。というのも、ラストで流れる"Happy Together"は「君は僕の人生でただ一人の運命の人だから、一緒に幸せになろう」という歌なのだ。主人公が映画の大半を費やした恋を捨てた直後に流れる曲として、すんなりと納得できるチョイスではない。しかしどうやら主人公の心変わりは間違いなさそうなので、選曲の方に理由を見出さなければならないようだ。三人の関係性をこの曲に合わせてトリミングするとしたら、置いていかれたウィン→主人公という構図以外はありえないだろう。だがウィン視点をエンディングでわざわざ取り上げるとは思えないし、曲調も(陰にこもったオリジナルverならともかく)置いていかれた男の嘆き節にはほど遠い。三人の関係性を重ねたわけではないとすると、主人公の生き方や映画の世界観を表しているのだろうか。主人公がウィンにもチャンにも運命を感じていたのだとすれば、「運命を感じた人と幸せになればいい。そういう人は現れるから」という歌のような気もしてくる。場所も人間関係も変えながら、試行錯誤する主人公を励ますようなこの映画は、迷える人に向けた人生賛歌なのかもしれない。

 

ブエノスアイレス/香港/1997

監督:ウォン・カーウァイ

キャスト:トニー・レオンレスリー・チャンチャン・チェン