読書

「あなたにもキャッチできる!児童虐待のSOS」(徳永雅子/新企画出版社)

◇保健師*1の著者による児童虐待の概説書。医療、心理、行政、司法と分野横断的な項目立てになっており、著者が本文中で何度も指摘している保健師の「各領域をつなぐ」機能を見るような思いがした。今となっては特に目新しく感じる記述もないものの、約20年前…

読書記録

最近読んだ本をまとめて記録。 ◇「声の網」星新一/講談社文庫 星新一は時に預言者と言われる。40年以上前に書かれた本作にも、今となっては現実そのもののアイディアが次々に飛び出してきて、先見性に驚かされるばかりだ。音楽配信サイト、遠隔医療、クラウ…

「異邦人」(アルベール・カミュ作/窪田啓作訳/新潮文庫)

◇既に夏の気配は遠いのに「異邦人」である。暑さの盛りの頃は三島由紀夫の「真夏の死」を読んでいたため、「異邦人」ではタイミングを逃してしまった。全くの偶然だが、逆にはならなくて良かったと思う。三島の観察の鬱陶しさは汗ばむ季節の不快さと重なって…